48期を迎えるにあたり

9月 1st, 2017 under 笑顔の花を咲かせようプロジェクト, 総務より

「予祝」KANDA.笑顔の花
神田工業はおかげさまで、9月1日を以って第48期を迎える事が出来ました。
これもひとえに、長年に渡り弊社をご支援ご指示頂いているお客様、いつもご協力頂いている事業者様、「ものづくり」の現場を支えている従業員の皆様のおかげであります。誠に有難うございました。改めて感謝申し上げます。
2015年9月より全従業員と取り組んだ経営2カ年計画「NASHITOGERU 2017」も8月31日をもって終了いたしました。お客様に満足していただき、ご支持していただける会社を目指そうとスタートし、生産活動を続けて参りました。結果、多くのお客様とお取引を拡大する事ができ、2015年の熊本震災という大きな困難を乗り切る事が出来ました。何よりお客様との繋がり、工場間の連携、従業員の皆様との繋がりや絆がより深まったことが大きなと成果になりました。

本日より2020年9月の創立50周年に向け新3カ年計画「NASHITOGERU 2020」が始まります。

古来の日本人は春に咲く満開の桜の花を秋のお米の実りに見立て、仲間とわいわいお酒を飲みながら前祝をすることで願いを引き寄せた「予祝(よしゅく)」を行ってきたそうです。本日は、従業員全員で作成した自分の一番いい顔の「笑顔のポスター」も完成し各工場には満開の笑顔の花が咲き誇り「予祝」をさせて頂きました。

IoT・AI革命時代の到来とともに私達の業界にも大きな変化と、新たなチャンスが生まれてくると思いますが、これまでよりもお客様や従業員同士の繋がりを大切にし、お客様に末永くご愛顧頂ける企業となるよう社員一丸となり邁進いたします。

後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

48期挨拶写真

神田工業㈱ 取締役社長 高島一郎