東日本大震災と神田向上飯

3月 13th, 2017 under 総務より

本社管理部の内海です。

3月10日(金)に福島工場では東日本大震災の復興イベントとして向上飯(工場飯)が行われました。

震災から6年。徐々に復興が進んできたとはいえ今もつらい思いをしておられる方は沢山います。しかし、このイベントでは悲しみを共有するだけではなく、温かい気持ち・ほっとする気持ちを 届けるとともに、皆がもっともっと向上してゆこうということで、向上と工場をかけ向上飯という名前になりました(笑)

スライド
創業者、高島会長の原点は大家族主義です。戦前より姫路で鉄工所を営んでいた会長の両親は九州から出稼ぎに来た職員さんと寝食を共に行いながら工場を営んできました。それから80年。世の中の価値観は変化しましたが、やはり事業の中心は人。今こそ原点にかえり創業者が大切にしてきた大家族主義を思い出し、同じ釜の飯をたべよう、という企画です。

材料
今回の向上飯献立は

◎豚汁

熊本事業所より送られた、熊本県芦北産醤油・味噌・南関あげ(小さい油揚げ)

姫路本社より送られた姫路産野菜(大根・人参・里芋・ネギ)

◎いかなごのくぎ煮

姫路産です。会長夫妻と本社総務が作りました。(その様子もブログにアップしています)

豚汁
ささやかでも一体感を感じて、皆つながっているんだと思って頂ければ幸いです。

食事中