記事アーカイブ 10月, 2013

赤い羽根共同募金

10月 30th, 2013 under 総務より

高齢者、障害者、子どもたちなどへの、地域の福祉活動を
支援している「赤い羽根共同募金」に、今年も寄付させて頂きました。

少しでも助成を必要とされている方々のお役に立ち
地域の発展に貢献できればと考えています。


- 赤い羽根共同募金とは? -

【地域福祉活動のための募金】

共同募金は、都道府県ごとに行われています。災害の時などの例外を除き、
集まった募金はその県内で使いみちが決められます。
つまり、寄付した皆さんの地域で役立てられている募金です。
共同募金は、社会課題を解決するための活動や、様々な地域課題を解決するための
活動を行う団体に対して助成されます。

「企業理念」進取に関して

10月 21st, 2013 under 教育

生産部の立花です。

企業理念の“進取”に関し、少しお話をさせて頂きます。

“進取”とは、自ら進んで物事に取り組む精神という事ですが、
私が物事に取り組む時、いつも心がけていることがあります。

その言葉を紹介したいと思います。

1.夢のある人は希望がある

2.希望のある人は目標がある

3.目標のある人は計画がある

4.計画のある人は行動がある

5.行動のある人は実績がある

6.実績のある人は反省がある

7.反省のある人は進歩がある

8.進歩のある人は夢がある
これは毎日、毎週、毎月、毎年の取り組みの中で
夢がある人、無い人では取組み方と結果に大きな差が
つくと考えています。

プライベートでも仕事でも、夢や希望、目的、目標を
しっかりと抱いて進歩して行こうと思います。

エコドライブ啓蒙活動

10月 9th, 2013 under 経費削減・ECO


弊社では、環境社会貢献活動の一環として、エコドライブの啓蒙活動を推進しており、
従業員に対して、エコドライブのパンフレットを配布しました。

通勤、或いはレジャーなどで車を運転する方が多いかと思いますが、
その際に、エコドライブを心がければ、自然環境保全に繋がります。

従業員はもとより、そのご家族、地域の方々にエコドライブの有効性を理解していただき、
エコドライブの輪を広げていきたいと考えています。

「環境にやさしいエコドライブで」

1、ふんわりアクセル「eスタート」
発進するときは、穏やかにアクセルを踏みましょう。

2、車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
交通状況に応じて速度変化の少ない運転を心がけましょう。

3、減速時は早めにアクセルを離そう
エンジンブレーキを活用し、燃費を改善。

4、エアコンの使用は適切に
エアコンOFFで燃費が大幅改善。

5、ムダなアイドリングはやめよう
10分間のアイドリングで、130cc程度の燃料消費。

6、渋滞を避け、余裕をもって出発しよう
燃費と時間の節約につなげよう。

7、タイヤの空気圧から始める点検・整備
定期的な点検で、無駄な燃費を改善。

8、不要な荷物はおろそう
100kgの荷物で、3%の燃費悪化。

9、走行の妨げとなる駐車はやめよう
迷惑駐車は、渋滞・事故のもと。

10、自分の燃費を把握しよう
自分のエコドライブ効果を実感しよう。

運について

10月 9th, 2013 under 教育


宝くじに当たるとかの「運」ではなく、スポーツ・企業での
「運」についての持論をお話いたします。

世の中で「ついている」「ついていない」「持っている」「持っていない」などと
耳にされたことがあると思います。
皆さんの身近なところでも「あいつ、ついてんなぁ」ということが起こっていると
思います。

そもそも私が「運」を意識し始めたのは30歳頃でした。
きっかけは高校3年の時に受けた、ある大学のバレーボールのセレクション
での一幕を思い起こしたことにあります。
実技の試験が終わり、面接試験となった時に面接官から「君、戦績無いね」と。
確かに私の当時の戦績は県でのベスト8止まりです。条件付き合格となる
判断材料となったようです。
大学が求めていたのは個々のレベルだけではなく、勝つための努力と行動に
結果だったんですね。勝てる運を持ち合せているかということです。
私は「運」を意識し始めてから、機会あれば「運」ついて記載されている記事を
読んでみました。
元アメリカ大統領のトーマス・ジェファーソン氏は「私は運の存在を強く信じている。
そして運は努力すればするほど付いてくることを知っている」と語っています。
また、別の記事には「行動しないと運は来ない」「運をくださいと言う人には運を与えられない」
「人の運がよかったという言葉を真に受けない(陰で努力をしている)」とありました。

以上は、ほんの一例ですが総じて言えることは「行動」と「努力」でした。
現在、私は「運は勝手に来てくれない。自らが掴み取るもの。」と考え行動しています。

企業理念の「進取」如く、自らの努力と行動に加え、正しい判断にて「チャンス」を逃さぬよう、
今後もポジティブな考え方で取り組んで行きたいと思います。

神田工業 島田

【福島工場】ゴミ拾い活動実施!

10月 3rd, 2013 under 5S


福島工場では、CSR活動の一環として、工場が所在する
東部工業団地内のゴミ拾い活動を行いました。

工業団地内ですので、あまりゴミは落ちていないのでは?と
予想しておりましたが、意外にも生活ゴミが結構落ちておりました。

これからもこういった活動を続け、地域に貢献できればと考えております。